会長挨拶

松岡友路会長
『団結と公平で真のロータリーの友情を深める』
2018-2019年度 山形イブニングロータリークラブ
会   長    松 岡 友 路

~大人の階段をのぼる準備完結~

 ロータリークラブが提唱する「奉仕の理想」そして「ロータリーの目的」「四つのテスト」を考えたとき、私たちのクラブは当てはっているのだろうか?といつも考えております。私も真剣に取り組んでいたわけではなく、出席が先行し、クラブ運営について深く追求したことはありません。

 クラブも19年目に入り、来年20周年を迎えます。人間も20歳で成人と言われる年です。10周年以降、毎年退会者があり、さらに出席率が低迷するなどの課題がクリアできないままここまできました。迷いながらの10代を過ごしてまいりましたが、いよいよ、成人になる前に、大人の階段をのぼる準備完結をしなければなりません。

 私は、これから先も新しい会員もこれまでの会員もクラブに愛情を持ち、団結と公平で真のロータリーの友情を深めることが必要不可欠だと思っております。

 断固たる決意で、クラブ改革とクラブのビジョンを掲げ、気軽に参加できるクラブを目指し精進していきます。ぜひ、皆さんとご協力と支援をいただき、当クラブの活性のためにご尽力いただければと思います。